タグ : WEB

LinotypeからMonotypeに社名変更で、Opentypeフォント8書体セット無料配布

Linotypeは、Linotypeから、Monotypeに社名変更することになって、Opentypeフォントセットの無料ダウンロードを期間限定で実施している。
まともに購入したら5万円相当のフォントたち。
お得ですね!

MONOTYPE CELEBRATION FREE FONT PROMO 1 VALUE PACK

MONOTYPE CELEBRATION FREE FONT PROMO 1 VALUE PACK 無料ダウンロード実施

MONOTYPE CELEBRATION FREE FONT PROMO 2 VALUE PACK 無料ダウンロード実施

MONOTYPE CELEBRATION FREE FONT PROMO 2 VALUE PACK 無料ダウンロード実施

OpenTypeフォント全8書体セット
Free Monotype Celebration Selection 1」(24,125円)

  • Akko Pro Rounded Thin
  • Neue Frutiger Pro Heavy
  • ITC Galliard Pro Roman
  • Gill Sans Pro Bold Italic

Free Monotype Celebration Selection 2」(25,875円)

  • Neue Haas Grotesk Pro Display 35 thin
  • Neo Tech Pro Black
  • ITC Officina serif Medium
  • Slate Pro Light

が2013年4月3日まで、無料で期間限定配布中。
ライセンス:5台までインストール可能
上のリンクをクリックすると、そのままキャンペーン価格(無料)でカートに入ります。

これは、ダウンロードしておきたいですね。

フォントセットのそれぞれのページは

です。

ファーストサーバ 顧客データ消失 原因はヒューマンエラー

6月20日夕方にファーストサーバでデータ消失が起こった。
データ消失の被害にあった顧客は5698件。
ファーストサーバの顧客は、5万以上で8割が法人・官公庁関連。

ダウンしたウェブサイト

小林製薬、109シネマズ、長野電鉄、カルディコーヒーファーム、海遊館、兵庫ひまわり信用組合、薬事日報、日本新聞協会、東京都卓球連盟、静岡産業大学、大津市市民活動センター、太陽光発電協会などなど

23日に
「バックアップも消失し、データ復旧は不可能。」
と発表された。
そのため、被害に遭った5698件の顧客すべてが、「自力」でウェブサイトを再構築する必要がある。
ウェブサイトだけではなく、メールも消えている可能性がある顧客も多い。
他にも、ファーストサーバは月々の利用料金だけで手軽にサイボウズを利用できる「サイボウズ Office9 for ASP」。
有料のパッケージ版のサイボウズを運用していた。
このうち、メール、スケジュール、顧客管理、営業記録など、約400社のサイボウズのデータを丸ごと消失。

原因は人為的な誤消去

更新プログラムに、ファイル削除コマンドを停止させるための記述漏れ
メンテナンス対象となるサーバ群を指定するための記述漏れ
記述漏れによって、不具合を検証環境で確認できず、本番環境とバックアップデータに適用したため。

暫定的な対策として

当面の間メンテナンス作業を停止
メンテナンス運用手順を修正し、対象外サーバの確認作業を追加する
通常のバックアップ以外ではバックアップ領域に修正を加えられないよう仕様を改める

とすると発表された。

損害賠償に関して

「サービスの対価としてお支払いただいた総額を限度額」
は支払われる。
ただ、ウェブサイトのダウンによって、招いた機会損失に関しては対象外。

バックアップとっておけ!
という声もあるようだが。
ファーストサーバのASPサービスの説明資料では
「データのバックアップ」「リストア(復元)」について、「お客様作業不要」と明記されていたという。
ビズ2・シリーズのパンフレットには、
「ファーストサーバは、これまで以上に安心してレンタルサーバーサービスをご利用いただくために品質保証制度(SLA)を設け、稼働率100%を保証した高いビジネス品質のサービスでお客様のビジネスを支えます。」
としていた。

今回のファーストサーバで起こった事故は、国内最大級の大規模なデータ消失。
バックアップがない企業や団体は、自力でなんとかしなければならず、損害賠償も多くは望めない。
ヤフー子会社のため、会社が無くなって何も払ってもらえない。
ということは避けられそう。
最低限の支払った額という限度額分は戻ってくるようだが、実際被害を被った人たちは「お金は戻ってこなくてもいいからデータを復旧させてくれ。」
という気持ちですよね・・・

配色に困ったら「ウェブ配色ツール Ver2.0」

Web制作していると、色に困ることありませんか?
なんとなく、バランスが悪い・・・とか。
私はセンスないので、よくあります・・・
で、簡単に配色してくれるツールとして。

ウェブ配色ツール Ver2.0

基本の色を1色選ぶと、合った色を自動で配色してくれる。
色相差も選べ、背景、見出し、メニューなど全体の配色バランスに困ったら参考になりますね。

もっともいいのが、時間もかからなくて、楽。
良い配色ツールです。

HTML5 全国統一実力テスト

「HTML5 全国統一実力テスト」
というものがありました。

HTML5 全国統一実力テスト

HTML5、JavaScriptの実力を試すのにどうでしょう?

HTML/CSSコースとJavaScriptコースが用意されている。
HTML/CSSコースは全16問、JavaScriptコースは全21問。
試験問題はカヤック、監修はピクセルグリッド。

ブラウザ上でコーディング共有ができるサービスを行っているjs do.it
Google chromeとWindowsIE9がスペシャルサポートとして参加している。

HTML5 全国統一実力テスト
http://jsdo.it/event/html5cat/2011/summer/

携帯電話からサイトへのアクセスが激減

最近、スマートフォンの普及で、携帯電話(ガラケー)からのアクセスが減少しています。
私は、お客さんのサイトから、自分で数サイト運営しています。
そのサイトへの携帯電話のアクセスで、この2ヶ月減少傾向にあります。

スマートフォンからのアクセスが伸びているのは、当然なんですが。
今年に入って多少減ってきてはいたのですが、一気に半分以下になっているのが気になります。

もともとアクセスの多いサイトではないので、ブレがあるだけかもしれません。
また、携帯電話でみる人にとって探さないところまで、検索順位が下がってしまっただけかもしれません。

他のサイト運営者さんはどんな感じなんでしょう?
(私の周りでは、かなり少なくなったと聞きます。)

このブログに関しては、あまりに携帯電話からのアクセスが少なくなったので、携帯での表示は止めました。
他のサイトでも注意深く見ていこうと思います。

みんなのビジネスオンラインってどんな?

みんなのビジネスオンライン(みんビズ)

手間と費用(1年目無料)を抑えて、わずか15分でWEBサイトを作成してしまう。
という「みんなのビジネスオンライン」
グーグルと協力企業によって開始されたサービス。
直感的操作が売りのCMS「Jimdo」。
費用は、当初1年間の利用料は無料で、2年目以降、月額1,470円の利用料が発生する。

業種別の用意されたテンプレートを選んで、7つのステップを進めていけばWEBサイトができてしまう。
ドメインも「JP」を選べるそう。

具体的な7つのステップの進め方

みんビズでWeb屋がなくなる可能性 | Web Forum
という記事をみると、15分では済まず、2時間かかったそうです。
しかし、ある程度提供したいコンテンツがハッキリしていて素材が揃っていれば1日もあればWEBサイトは完成しちゃいそうですね。
自分でWEBサイト作ろうと思ったけど諦めた方や、WEB制作の見積もりをみて、高くてやめたって方には、良いサービスかもしれませんね。

テンプレートは100種類あるそうですよ。

けど、こういうの普及しまくっちゃうと、仕事やりづらくなるかもなぁ。
(足元みられちゃったりして・・・とか考えると憂鬱にw)

IE対策 Google Chrome Frame

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">

これをHTMLのヘッダーに入れてやると、IEで閲覧している場合、Google Chrome Frameで表示します。
Google Chrome Frameがインストールされていない場合は、IEの利用可能な最新のレンダリングエンジンで表示します。
IE9でQuirksモードで表示が崩れてしまうときにも有効。

Google Chrome Frameとは、Google Chromeで使用されているレンダリングエンジンやJavaScriptエンジンなどを、IEの古いバージョンでも利用できるようにするプラグイン。
インストールすると、IE8以下でもCanvas、CSS3、HTML5、高速なJavaScriptエンジンが利用できるようになります。

Google Chrome Frame
http://www.google.com/chromeframe/?hl=ja

9月22日にInternet Explorer(IE)用プラグイン「Google Chrome Frame」の最新安定版が公開された。

adsense ガイドブック メモ

google adsenseの資料 ダウンロード ページ
http://adsense.google.com/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=186190

  • AdSense 概要資料
  • AdSense ガイドブック
  • DFPスタンダード:設定方法ガイドブック

がPDFで公開されている。

AdSenseガイドブックは
概要から収益向上のヒントまでをステップごとに画像付きでご案内しています。初心者から上級者の方までご活用いただけるガイドブックだそうです。

今度読んでみよう。ってことでメモでした。

XAMPP『PHPのエラーメッセージが表示されなかったら』

XAMPPを使って、エラーが発生するPHPプログラムを試しても、エラーメッセージが表示されず真っ白な画面になっている場合、PHPの設定がおかしいかもしれません。
XAMPPでは、「C:xampp¥php¥php.ini」を開き、

display_errors = On

となっているか確かめてみましょう。
「Off」になっていれば、「On」に変更し、XAMPPを再起動させてください。

MAMPの場合は、
「MAMP⁄conf⁄php5⁄php.ini」
を調べてみてください。

OLYMPUS PENは1959年から復活したカメラ

デジタル一眼レフカメラ『OLYMPUS PEN』
昔のカメラを思わせるカッコイイデザインで大人気。
デジタル一眼レフとして2009年、50年振りに復活したものだって知っていましたか?

OLYMPUS PEN 1959

OLYMPUS PEN 1959

『OLYMPUS PEN』と言えば、若い世代にとってはデジタル一眼レフカメラですが、1959年に発売されました。
当時は、「6,000円で売るカメラ」また、「ペンのように手軽に持ち歩けるようなカメラ」として作られたそうです。
もともとPENシリーズは、1700万台販売した大ヒット商品。

オリンパス ペンシリーズの歴史
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/camera/pen.cfm

デジタル一眼レフになって復活したPENも大ヒット商品。

OLYMPUS PEN E-P1

OLYMPUS PEN E-P1

若い人にとっては、新鮮なカメラ。
かつてのPENを知っている人にとっては、憧れのカメラ。
両方の世代の心を掴み、オリンパスのデジタル一眼レフシェアが5%から15%まで拡大に貢献したカメラでもあります。

「オリンパス・ペン」スペシャルコンテンツ
サイトも力入っています。
BS-TBSで放送されている「カメラ女子」も公開されています。

カメラ女子 2011年6月7日放送『失敗しない集合写真』