タグ : 技術

中国の地デジ規格DTMBと世界の地上デジタル放送地図

中国の独自技術が新興国を中心に拡大しています。

地上デジタル放送の国際標準
2010年、中国は地上デジタル放送の規格DTMB方式を国際標準として認められたと正式に発表しました。
地上デジタル放送の国際標準は

  • ISDB-T(日本)
  • ATSC(アメリカ)
  • DVB-T(欧州)

の3つでしたが、
これに中国のDTMBが加わりました。

現在の世界普及状況は

地上デジタル放送 規格 世界地図

地上デジタル放送 規格 世界地図(クリックで拡大)


この地図は2011年5月26日時点のもの(Wikipedia)

DTMBは、東南アジア、南米、アフリカなどに積極的に売り出しています。
ラオス、カンボジア、ミャンマーで採用を決めたと言います。

ラオスは、人口640万人、GDP136位の東南アジアの国です。
平均月収が約100ドル。
力強い経済成長が続いています。

デジタル放送を受信するためには、

  • デジタルチューナーセット:122ドル
  • 年間視聴料:37ドル

かかります。
デジタル放送を導入することで、45ch視聴できるようになります。
(45ch中10chが中国のチャンネル)

中国は、新興国でシェアを拡大させて、中国の技術を標準にしようという動きが活発です。
地上デジタル放送の規格以外にも、LTE(TD-LTE)、家庭用ネットワーク「IGRS」、無線LAN「WAPI」なども中国が自国技術の標準化を狙っているようです。

被災地に人工衛星から技術提供

人工衛星だいち

人工衛星だいち

人工衛星 きずな

人工衛星 きずな

人工衛星 きく8号

人工衛星 きく8号

日本の最新宇宙技術が被災地復興のために活躍しています。
人工衛星「だいち」(陸域観測技術衛星)は、陸地のデータなどを取得し地殻変動解析に活用されています。

人工衛星「きずな」(超高速インターネット回線)や「きく8号」(技術試験衛星)は、衛星通信回線を提供しています。
人工衛星「きずな」は、最大1.2Gbpsの超高速でデータ通信を行なうことができる超高速インターネット衛星です。
これらの衛星のおかげで、地域間テレビ会議や安否情報の確認などに、インターネットの利用ができるようになっています。

宇宙では、地球の震災は関係ない。
災害時は安定した技術が地球に提供できるのですね。

圧力検出タッチスクリーン『QTC Clear』

米Peratech社の圧力検出タッチスクリーン『QTC Clear』。
これを現在のiPad2のようなデバイスで使うことで、圧力の違いを感知できる。
3次元でコントロールが可能になる。
これによって、ミュージシャンはもっと音楽の表現に幅を持たせることができるし、ゲームにはさらに複雑なコントロールを盛り込むことができる。

QTCとは「Quantum Tunnelling Composite」(量子トンネリング複合体)厚さは6~8ミクロンで、ガラス板の間に挟まれており、わずか数ミクロンのマルチタッチ・ジェスチャーや圧力の違いを感知できる。
QTC Clearは、抵抗膜方式のタッチスクリーンに完全に取って代わるか、あるいは静電容量方式のタッチスクリーンの強化に使用される可能性がある。
これは、静電容量方式のタッチスクリーンよりバッテリー消費量が少ないため。

iPad2が日本でようやく発売される中、気の早い話だが、この技術はiPad3の噂に加わることになるかもしれない。
(WIRED VISION参照)