タグ : iPhone

iOSのダウングレードをしてiOS9のバグ回避

先ほどの記事iOS9「スライドでアップグレード」でフリーズで、一旦諦めモードでしたが、寝つけず、ダウングレードしたらいいんじゃない!?
って思い再挑戦です。

iOSのダウングレードは初めてでしたので、調べたことをまとめておきます。

iOSのダウンロードは
https://ipsw.me/8.4.1
から行えました。
iOSのバージョンは同じでも、使っているキャリアで使用するiOSの種類が違います。
ダウンロードするiOSを調べるには型番が必要です。

型番はiPhoneの背面に書いてあるので、そちらから調べることができました。
もしくは、
設定 > プライバシー > 診断/使用状況 > 診断データと使用状況データ(iOS8以降)
から、どれでも良いので選択して、[Hardware Model: iPhone5,2]という記述を見つけると自分必要なiOSがわかります。
(私の場合、KDDIのiPhone5なので、iPhone5,2でしたので、iOSはiPhone 5 (Global)というものをダウンロードしました。)

次に、iPhone/iPadをDFUモードにします。

  1. 電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押す。
  2. AppleロゴがiOSデバイスの画面上に表示されたら、電源ボタンを解除
  3. 「iTunesはリカバリモードのiPhone/iPadを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります。」と書いたiTunesウインドウが表示されるまで、ホームボタンを続けて押します。

iTunesで「iPhoneを復元」ボタンをShiftキーを押しながらクリックする(Windowsの場合)
(Macの場合は、Alt/Optionを押しながらクリック)

ダウンロードしたiOSのファイル(「IPSWファイル」)を選択します。

ダウングレードされたら、iOS9にする前にとっておいたバックアップで、「バックアップを復元」する。

これで、元通りになりました。

で結局カメラのピントは合ったかというと、ダメでした。。。

朝方までいったい何をしていたのだろう・・・笑
勉強になったということで諦めて寝ます笑

iOS9「スライドでアップグレード」でフリーズ

奥さんのiPhone5のカメラのピントが合わなくなったということで、システム的なことかと思い「iPhoneを復元」させたところiOS9にアップグレードされ、恐れていた事態に・・・

「スライドでアップグレード」でフリーズしてしまい進めません。

だから、すぐにOSのアップグレードはしたくないんですよね。

近日iOS9.01が出て、このバグが修正されるとかいうお話ですが、自分のじゃないんで今すぐ使えないと困ります。

Appleではエラーの対処法として

1.前回 iTunes と同期したコンピュータに iOS デバイスを接続します。接続後に iTunes が自動的に開かない場合は手動で開いてください。
2.問題のデバイスを選択します。問題のデバイスが iTunes に表示されない場合は、デバイスを強制終了します。デバイスを強制終了するには、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上 (Apple ロゴが表示されるまで) 押します。
3.iOS 9 にアップデートする前に iTunes に (コンピュータに) バックアップしていた場合は、そのバックアップからデバイスを復元します。バックアップしていなかった場合は、いったん iTunes に (コンピュータに) デバイスをバックアップした上で、そのバックアップから復元します。

こんなんでは解決できず、、、
iTunesでエラーが出て進めません。

パスコードを設定しないで「バックアップを復元」をするとできたって話もありましたが、私の環境ではできませんでした。

結局、無理っぽいので、下の記述通り進めました。

1.デバイスを復元します。 デバイスが iTunes に表示されない場合や、お使いのコンピュータでそのデバイスが信頼されない場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを 10 秒以上 (そのデバイスが再起動して iTunes に表示されるまで) 押します。確認メッセージが画面に表示されたら「復元」を選択します。
2.復元が完了したら新しい (新規) デバイスとして設定します。

この問題は、まもなくリリースされる次の iOS アップデートで解決される予定です。

このアナウンスを信じるしかないか・・・

新規デバイスだと使えました。。。
しばらくごまかしながら、新規デバイスとして使っていくしかなさそうです。

ずいぶんと時間とられました。
あぁ~せっかくのシルバーウィークが。。。

結局、寝つけず、iOSのダウングレードをして事なきを得ました。iOSのダウングレードをしてiOS9のバグ回避

アップル iPhoneとiPadのコストと価格 比較

アップル iPhoneとiPadのコストと価格 比較

アップルが来月にも発売すると見られるiPadミニはアップルの収益率を押し下げるという記事が押し下げるという記事がニューヨークポストに紹介されていました。

iPhone

コスト:約200ドル
価格:平均625ドル

iPad

コスト:約325ドル
価格:平均540ドル

とiPadの方が収益率が低くなっています。

実際アップルの四半期決算をみると、
iPhoneが大量に販売された四半期は収益率が高く、
iPadが大量に販売された四半期では、収益率が低くなっている。

iPadミニの販売価格はアナリスト予想で249ドル~299ドルとされています。

iPadミニの製造コストとパーツの価格はTech-Thoughtsによると、
全体の製造コスト:189ドル32セント

各パーツのコスト
メモリ:13ドル50セント
ディスプレイ:48ドル54セント
タッチスクリーン:32ドル37セント
A5プロセッサ:13ドル50セント
バッテリー:12ドル75セント
カメラ:2ドル50セント

iPhone5 3つのモデルと対応する国・会社

世界の携帯通信事業者が4Gネットワークにさまざまな周波数帯を割り当てている。
そのため、iPhone5もそれぞれに対応するように3つのモデルが用意される。

LTEバンド4と17に対応する「GSMモデルA1428」
LTEバンド1、3、5に対応する「GSMモデルA1429」
LTEバンド1、3、5、13、25に対応する「CDMAモデルA1429」

iPhone5 3つのモデルが対応する国

GSMモデルA1428 (4, 17): 米国とカナダの一部キャリア向け
CDMAモデルA1429 (1, 3, 5, 13, 25): 日本auKDDIを含む各国各キャリア
GSMモデルA1429 (1, 3 5) 日本ソフトバンクを含む欧州やアジア、オーストラリア

LTE対応 iPhone5 3つのモデル

めったに海外旅行しないけど、気になります。
ってもauひかりにしようと思ってるから、CDMAモデルA1429がお得か。

純金製iPhoneケース 179万5500円

純金iphoneケース

純金iphoneケース

iPhoneの純金製ケースが2012年7月18日より日本橋三越本店で販売された。
価格:179万5500円。
重さ:133.8グラム(24金)
販売期限は、7月23日まで(大黄金展にて)。
大黄金展 主催:SGC信州ゴールデンキャッスル
職人による彫刻が施されている。
デザインは購入者の要望でオーダーメイド可能。

財務省造幣局の刻印

財務省造幣局の刻印


財務省造幣局の刻印が入っている。

企画した理由は、純金製のiPhoneケースがあってもいいよね!的な遊び心とのこと。

金持ちぃぃ!!
このケース装着したiPhoneは、視線独り占めですね。
泥棒的な人も含めて・・・
携帯だけど、携帯できないiPhoneになりそう・・・

トリミングの逆の動作をしてくれる『AntiCrop』

『AntiCrop』は、写真の足りない部分を自動的に書き足してくれるiOSアプリ。

「もう少し、被写体の位置が右寄りだったら・・・」
などの問題が簡単に解決できる。

操作方法も簡単。

AntiCrop iPhone and iPad application is coming soon

ただ、ある程度パターン化されているような空や草木の連続ではうまくいくものの、様々なものが散らかった部屋などではうまくいかないようです。
それでも、このアプリが85円なら満足すぎる。

Androidでも、こんなクオリティ高いアプリが出てこないかなぁ。。。

iPhone4Sのバッテリー消費が早い!対策

iPhone4Sもバッテリー消費が早いと騒がれている。

対策は

設定方法は
「設定」→「位置情報サービス」→ 「システムサービス」→「時間帯の設定」をOFF

これで、だいぶバッテリー消費量を防げるそうです。

私が使っているGalaxy S2もいきなりバッテリー消費量が増えたりしましたが、スマートフォンはちょっとした設定でバッテリー消費量が大きく変化することがありますね。

iPhone 手ぶれしない動画撮影アクセサリー

iPhone用のステディカム・スムージー。
これを使うことで、劇的に動画撮影の手ぶれを軽減できるそうです。

iphone ステディカム・スムージー

iphone ステディカム・スムージー

iPhone用のステディカム・スムージーレビュー

もともとは、映画やテレビのプロカメラマンが使うような撮影機材。
プロが使うものは200万円以上しますが、iPhone用は24,900円。
ハリウッドのカメラマンが趣味でiPhone用のスムージーを作ったところ、製品化になったという。
購入しているのは、プロの方が多いそうですよ。
iPod touch用もあるんだとか。

iPhone持ってないけど、欲しい。

スティーブ・ジョブス死去

先日、iPhone4Sを発表したばかりのAppleから悲しいニュース。
Apple社の創業者であり、ピクサーの創設者でもあるスティーブ・ジョブスが亡くなりました。
享年56歳
今年8月にApple社のCEOから会長に退いていた。

steve jobs apple

Steve Jobs(apple website)

Steve Jobs1955-2011
Appleは先見と創造性に満ちた天才を失いました。世界は一人の素晴らしい人物を失いました。
スティーブを知り、共に仕事をすることができた幸運な私たちは、大切な友人と、常にインスピレーションを与えてくれる師を失いました。
スティーブは彼にしか作れなかった会社を残しました。
スティーブの精神は永遠にAppleの基礎であり続けます。
(Apple公式サイト)

追悼メッセージはrememberingsteve@apple.comで受け付けている。

Steve Jobs

自らの力で時代を切り開き、世界中を動かしていた人物の一人。本当に、素晴らしい人物を失ってしまいました。

iPhone4SとiPhone4のスペック比較

iPhone4Sが発表になりました。
日本での発売日は10月14日。
iPhone5の発表も?
と直前まで噂がありましたが、なかったですね。

iphone4s

今回は処理速度とカメラ性能の向上と、iOS5。
auからもiPhone4Sが発売されるといったところが目玉でしょうか。

簡単に
iPhone4とiPhone4Sの比較
サイズ:115.2mm x 58.6mm x 9.3mm(iPhone4と同じ)
プロセッサ:A5(iPhone4はA4)
重さ:140g(iPhone4は137g)
RAM:512MB(iPhone4と同じ)
ディスプレイ:3.5インチ(iPhone4と同じ)
解像度:960 x 640 IPS液晶 Retina Display(iPhone4と同じ)
カメラ:800万画素(iPhone4は500万画素)
動画:1080p(iPhone4は720p)
Bluetooth:Bluetooth 4.0(iPhone4はBluetooth 2.1+EDR)
バッテリー:3G通話8時間(iPhone4は7時間)
Wi-Fi通信 9時間(iPhone4は10時間)
待ち受け画面200時間(iPhone4は300時間)
インターネット利用3G回線で最大6時間、ビデオ再生が最大10時間、オーディオ再生は最大40時間(iPhone4と同じ)

価格は199ドル~
日本での販売価格はまだ発表されていない。

他には、アンテナが改良されている。
2つのアンテナを送受信に合わせてインテリジェントに切り替える「初めての携帯電話」でほぼ世界中で使えるとしている。

新たに追加された音声認識「Siri(シリ)」の機能は、日本語非対応。
当面、英語、ドイツ語、フランス語のみ対応。
英語版は米国、英国、オーストラリア向けにそれぞれローカライズされている。