カテゴリー : 2013年 1月

PC用メガネについて。買ってみたけど、残念だった的レビュー

PC用メガネなる、ブルーライトから目を守るメガネを購入してみました。

PC用メガネ

目的としては

  1. 目の負担を将来のために少しでも負担を減らせるなら。
  2. メガネをつけることで仕事気分のON/OFFをつけられれば!!

という感じです。

もう10年以上もPCを使って仕事をし、本が好きで毎日読書生活をしているのに、目が普通に良く(両目1.5以上)、メガネは初めての買い物でした。
価格は4000円程度と手頃だし。
メガネとか憧れるなぁ。
って思いを達成するには手頃な価格!

購入後にPC用メガネに問題点発覚・・・

クリアレンズにすれば、仕事に支障はでないかと思ったのですが。
クリアレンズにしても、ちょっと黄色がかったレンズだった!!ガァァ~ン。。。
なので、結局仕事で色ミスを防ぐために、イラレやフォトショを使うときはメガネをはずしてます…

しかも、私が選んだメガネフレームがゆるいのか、柔らかすぎるのか、ズレる。
(はたまた、鼻が低いからなのか…)
仕方ないのでずり落ちるのを我慢しながらかけて使っています。

なんか、あまり意味がないような気もしますが。。。
文章書いたり、プレゼン資料作ったり、色関係ないときはメガネ使ってます。
今とかね。

ほかのブログなんかでは、目の疲れに良いとかいうレビューもありましたが。
私は今のところ実感できず。
仕事の時間半分はメガネ。半分は裸眼にしているのですけどねぇ・・・。

パソコン用メガネに期待しすぎていたのか。
私的には、期待ハズレでした。

Adobe CS2およびAcrobat 7などをアクティベーションサーバー停止による措置でサイトで公開

2005年発売のAdobe Creative Suite 2およびAcrobat 7をAdobe社のサイトで公開している。

2012年12月からアクティベーションサーバーを技術的な理由で廃止したため、正規ユーザー向けの措置として公開に踏み切ったとのこと。
シリアルなども公開されているが、あくまでもAdobe Creative Suite 2の正規ユーザーがソフトを使用できなくなるのを防ぐため。
無料で誰でも手に入れて、使っていいわけではない。
Adobe社は
「正規ライセンスを所有している人向けに提供しているものであり、不特定多数に向けて無償提供しているものではない。」
「非正規ユーザーの利用はライセンス違反となる。」
とコメントを発表している。
Adobe社は個人ユーザーだろうが、容赦ない措置をすることで有名だったりもするので、不正使用はくれぐれもしないほうが身のためですね。

正規ユーザーの方はこちらからダウンロードできます。
http://www.adobe.com/jp/downloads/cs2_downloads/

もう7年も前のソフトウェアなので、対応OSも古い。
Mac OS X:10.2.8~10.3.8
Windows:2000/XP
Windowsに関しては、当時Vistaでも問題なく使用できていましたので、対応とはなっていなくても一応自己責任で使えるハズです。

とても懐かしく思えます。