カテゴリー : HTML(XHTML)

IE対策 Google Chrome Frame

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">

これをHTMLのヘッダーに入れてやると、IEで閲覧している場合、Google Chrome Frameで表示します。
Google Chrome Frameがインストールされていない場合は、IEの利用可能な最新のレンダリングエンジンで表示します。
IE9でQuirksモードで表示が崩れてしまうときにも有効。

Google Chrome Frameとは、Google Chromeで使用されているレンダリングエンジンやJavaScriptエンジンなどを、IEの古いバージョンでも利用できるようにするプラグイン。
インストールすると、IE8以下でもCanvas、CSS3、HTML5、高速なJavaScriptエンジンが利用できるようになります。

Google Chrome Frame
http://www.google.com/chromeframe/?hl=ja

9月22日にInternet Explorer(IE)用プラグイン「Google Chrome Frame」の最新安定版が公開された。

HTML5・XHTML DOCTYPEと文字コード

HTML5とXHTMLのDOCTYPE・文字コード情報の違いについて。

http://www.w3.org/TR/html5-diff/
HTML5サンプル

<!doctype html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Example document</title>
  </head>
  <body>
    <p>Example paragraph</p>
  </body>
</html>

このサンプルを見ると、

<!doctype html>

とDOCTYPE宣言されています。
HTML5では、頻繁に書く必要のあるものは簡単に書けるようにしよう!という考えがあり、簡単になっています。

XHTMLでは、

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

でした。

文字コード情報も短くなりました。
HTML5
[hrml][/html]
となりました。

XHTML
[hrml][/html]
でした。

HTML5になると、いろいろ簡単になりますね。

HTML「平方メートルと立方メートルと階乗」の書き方

WEBサイトで平方メートルと立方メートルと階乗の表し方に困ったことありませんか?
ってことで、HTMLでのm²、m³、3²の書き方を。

記述方法

平方メートル(m²)

→ m&sup2;

立方メートル(m³)

→ m&sup3;

階乗(3²)

→ &sup2;
もしくは
523
→ 5<sup>23</sup>

フォントサイズによっては読みづらいかもしれません。

XAMPPで自分のPC内(ローカル)WEB環境をつくる。

XAMPP(ザンプ)をインストールすれば、お金をかけてレンタルサーバーなど借りなくてもデータベースやプログラムのテストなどができるようになります。
サーバーなどの知識は、とりあえずは必要なく、一般のソフトウェアと同様にインストールするだけです。

勉強のためにお金を最初からかけなくても、自分のPCの中でWEB制作の環境をつくれることができます。

XAMPPとは

名前のAMPP部分は、Apache、MySQL、PHP、Perlの頭文字をつなげたもの。
これらのアプリケーションをひとつにまとめ、簡単にインストール・アンインストールできるようにしたアプリケーション。
もともとLINUXのアプリケーションで、そのときはLAMPPだったみたい。複数OSに対応するようになってXAMPPという名前になったようです。
対応OS:Windows、Linux、Mac OS X、Solaris
フリーウェアなので、無料です。


XMAPPの中身

  • Apache 2.2.14 (IPv6 enabled) + OpenSSL 0.9.8l
  • MySQL 5.1.41 + PBXT engine
  • PHP 5.3.1
  • phpMyAdmin 3.2.4
  • Perl 5.10.1
  • FileZilla FTP Server 0.9.33
  • Mercury Mail Transport System 4.72

がインストールするだけで、自分のPC内(ローカル)で使えるようになる!しかも、無償で!インストールも簡単!


XMAPPをとりあえず、インストール

  1. XAMPPのダウンロードをする。
    http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html
    こちらにアクセスして、スクロールしていくと、EXEとあるので、そこをクリック!
    XAMPP ダウンロード

    XAMPP ダウンロード

  2. 「インストールする!」Cドライブ直下にインストールした方が良いです。
  3. コマンド画面(黒い画面)がでてきますが、そのままEnterで進めていって、最後はxを押して終了させましょう!
  4. コントロールパネル内ApacheのStartボタンをクリック!Runingとなる。
    XAMPPコントロールパネル

    XAMPPコントロールパネル

  5. ブラウザで
    http://localhost/
    にアクセスしてこの画面が開けばインストールは成功!