カテゴリー : スマートフォン

『Galaxy SII』 VS 『Xperia arc』

Samsung Galaxy SII vs Sony Ericsson Xperia arcの動画。

右がGalaxy S2、左がXperia arc
こう並べてみてみると、かなり動作スピードが違いますね。
さすが、1.2GHzデュアルコアCPU、1GB大容量RAM、16GB大容量ROM、1,650mAh大容量バッテリー、約4.3インチ大型ディスプレイを搭載のハイスペック機。

Xperia arcにしようかと思っていたけど、5月16日に2011夏モデル発表ってことで、その発表みてからですね。
docomo 2011夏モデル 特設サイト
5月16日 12:15~特設サイトにて発表

これにGalaxy S2とXperia acro SO-02Cが発表されるだろうとの噂。
Xperia acroはXperia arcとほど同スペックなので、上記、比較動画が動作確認の参考になります。

ちなみに、Galaxy S2は韓国で既に発売されていて、発売3日で12万台売れたそうな。

iPad2のスマートカバー模造品

iPad2いよいよ日本でも発売されましたね!
中国の質の悪いiPad2用のSmart Cover(スマートカバー)の模造品が存在するようです。

動画をみてもらうとわかりますが、
一見すると、それなりに使えそうに見える。が、磁石が弱くてくっつきが弱かったり、バラバラになってしまったり、犬も逃げる匂いだったり。
一応、機能としてカバーを開けると、アンロックすることはできるみたい。
これが33ドルで販売されているそうな。
本物が39ドルなので、たった6ドルの節約のためにはあまりにも犠牲が大きい。

日本でも出回るかもしれないので、ご注意あれ

圧力検出タッチスクリーン『QTC Clear』

米Peratech社の圧力検出タッチスクリーン『QTC Clear』。
これを現在のiPad2のようなデバイスで使うことで、圧力の違いを感知できる。
3次元でコントロールが可能になる。
これによって、ミュージシャンはもっと音楽の表現に幅を持たせることができるし、ゲームにはさらに複雑なコントロールを盛り込むことができる。

QTCとは「Quantum Tunnelling Composite」(量子トンネリング複合体)厚さは6~8ミクロンで、ガラス板の間に挟まれており、わずか数ミクロンのマルチタッチ・ジェスチャーや圧力の違いを感知できる。
QTC Clearは、抵抗膜方式のタッチスクリーンに完全に取って代わるか、あるいは静電容量方式のタッチスクリーンの強化に使用される可能性がある。
これは、静電容量方式のタッチスクリーンよりバッテリー消費量が少ないため。

iPad2が日本でようやく発売される中、気の早い話だが、この技術はiPad3の噂に加わることになるかもしれない。
(WIRED VISION参照)

iPad2ようやく日本で発売開始!日米価格比較

4月28日から延期されてたiPad2の発売を開始することが決定した。

iPad2の価格

iPad2 Wi-Fiモデル(16GB)…¥44,800
iPad2 Wi-Fiモデル(32GB)…¥52,800
iPad2 Wi-Fiモデル(64GB)…¥60,800
iPad2 Wi-Fi+3Gモデル(16GB)…¥56,640(現金一括購入の場合)
iPad2 Wi-Fi+3Gモデル(32GB)…¥64,800(現金一括購入の場合)
iPad2 Wi-Fi+3Gモデル(64GB)…¥72,720(現金一括購入の場合)

円高だし、いい感じの価格です。
Wi-Fiモデルの方がお買い得なしますね。
日本では、円高関係なしに1ドル100円計算で販売されるんじゃないかとか思っていましたが、さすがにそんなことしないですね。

ちなみに

アメリカのiPad2の価格

Wi-Fiモデル
16GBモデル:499ドル
32GBモデル:599ドル
64GBモデル:699ドル

Wi-Fi + 3Gモデル
16GBモデル:629ドル
32GBモデル:729ドル
64GBモデル:829ドル

Wi-Fi + 3Gモデルの方が若干割高になっていますね。

Wi-Fiモデル
16GBモデル:¥44,800(1ドル89.77円)
32GBモデル:¥52,800(1ドル88.14円)
64GBモデル:¥60,800(1ドル86.98円)

Wi-Fi + 3Gモデル
16GBモデル:¥56,640(1ドル90.04円)
32GBモデル:¥64,800(1ドル88.88円)
64GBモデル:¥72,720(1ドル86.98円)

3Gのほうは、ソフトバンク仕様になっているから少し割高なのかな?
それでも、一括で買わないで25ヶ月契約することで月月割を受けることができて、実質0円(16GB)から790円(64GB)で買うことできるキャンペーン『iPad2 for everybody.』をソフトバンクでは行うそうです。
『iPad2 for everybody.』で25ヶ月契約したら、最終的に支払う金額は
16GBモデル:¥113,400
32GBモデル:¥123,000
64GBモデル:¥132,360
(Wi-Fiスポット24ヶ月無料付き)
キャンペーン『iPad2 for everybody.』は9月30日まで

iPad2スペックまとめ

HTC Sensation 4G スペックと発売日

HTC Sensation 4Gのハイスペックのスマートフォン!

HTC Sensation 4G

HTC Sensation 4Gスペック

OS: Android 2.3
CPU: Qualcomm Snapdragon MSM8260 Dual-core 1.2GHz
RAM: 768MB
ストレージ: 1GB + Max32GB(microSDで増設)
ディスプレイ: 4.3インチ 静電容量式マルチタッチパネル液晶(ゴリラガラス)
画面解像度: 540×960
カメラ: 8MP(背面) デュアルLEDフラッシュ オートフォーカス 0.3MP(前面)
動画: 1080p HD動画撮影(1920×1080)
UI: HTC Sense 3.0
ネットワーク: W-CDMA (900/1700/2100MHz) GSM (850/900/1800/1900MHz)
パケット通信: HSPA+(T-mobile版),HSDPA,HSUPA,EDGE,GPRS
通信: WiFi 802.11 b/g/n Bluetooth 3.0
センサー: GPS, Gセンサー, デジタルコンパス, 接近センサー, 光センサー
外部端子: microSD, microUSB, 3.5mmオーディオジャック
バッテリー: Li-Ion 1520mAh
サイズ: 126.1×65.4×11.3mm
重量: 148g
開発コード:HTC Pyramid

発売日は、6月8日との噂。
HTC Sensation 4Gのプレス画像のHTCSense時計ウィジェットにも表示と、アドセンスの広告で「on 6/8」となっていたそうです。

HTC Sensation 4Gのキャリア T-Mobile USA は、米国AT&Tが買収手続きを進めている。

iPhone5の発売日まであと2ヶ月!?

今更iPhone4白が発売されるそうですが、そろそろiPhone5までのカウントダウン!?

これまでのiPhoneの発売日は

  • iPhone3G 2008年7月11日発売
  • iPhone3GS 2009年6月26日発売
  • iPhone4 2010年6月24日発売

となっています。

噂では、WWDCにてiPhone5は、6月6日に発表されるとか!?
遅くてもiPhone5の発売日は7月中!?
韓国では、ETNews.co.krが、Appleは6月第4週目にiPhone 5を発売する計画をしているようだ。との噂も。

この噂もWWDCはソフトウェアに集中したもので、iPhone 5の発売日は2011年後半から2012年へ延期されたとの噂が多数あり。
iPhone4の白モデルが今更発売されてくるあたり、延期されたっぽい感じもしますね。

iPhone5では、マルチコアプロセッサーになって、画面が4インチになるとか、キーボードがつくとかの噂もでていて、気になりますが。
とりあえず、6月6日がカギになりそうですね。

ハワイでiPad2は買えなかった・・・

先週ハワイに行ってました。
3月22日、ハワイに着いてすぐにDFS近くのAppleストアへ行きましたが・・・
iPad2はソールドアウト!!!
店員さんに聞いたら「23日か24日にiPad2を入荷されるかも。」
って言っていたので、朝行ってみると、店の前に行列が。。。
予定があったので、並べず・・・

わずかな希望を胸に。
「アラモアナショッピングセンター内のAppleストアに在庫残ってないか!?」
iPad2が足を運んでみたものの。。。
店内は、在庫残ってるわけがないくらい混んでる!!!
一応聞いてみたものの、当然ソールドアウト。

ハワイでiPad2を買う予定だったので、ノートPCも持っていかなかった。
見通し甘し!
iPad2売り切れてるって聞いていたものの、なんだかんだで買えるんじゃないかなぁ。
となめてました。

せっかくなんで、AppleストアではiPad2を使ってきましたが。
初代iPad同様に好みはありそうですが、使いやすいし、早い!
欲しかったぁ!!!

店内の混み様は、軽く写真とってきてみたので、近々アップします。

iPad2の変わったところ変わらないところ。部品構成など

iPad2の変わったところ、変わらないところ。
米国 IHS iSuppliが初代iPadとiPad2などを比較してみた結果。

iPad2と初代iPad 同じ部品

  • NAND 型フラッシュ メモリー
  • マルチタッチ対応コントローラー
  • タッチスクリーン用ドライバー

(ベンダーも変わらず)

iPhone4と同じ部品

  • 無線処理部の収容LSI

初代iPadやiPhoneに搭載されている新版

  • アプリケーション プロセッサー
  • Bluetooth
  • 無線LAN
  • GPS用LSI

バッテリーと筐体(外側の箱)はかなり変わりましたが、他の部分は部品と供給先はあまり変わらない。
(米国 IHS iSuppli調べ)

今回の震災で部品の調達が困難になっているものもあるようなので、供給ベンダーに一部変更があるかもしれませんね。

iPad2 部品構成モジュール

iPad2 部品構成モジュール

iPad2 基盤

iPad2 基盤

iPad2売り切れ続出。日本販売延期などニュースまとめ

iPad2

iPad2売り切れ続出。日本では発売延期

3月11日からアメリカで発売が開始されたiPad2。
1週目で早くも50万~100万台売れて、各店舗で売り切れ続出!

日本では、25日に発売予定でしたが今回の震災を考慮して発売日を延期。
日本発売は、未定となりました。
楽しみにしていた方も多いかと思いますが、このAppleの対応は素晴らしいですね。

iPad2の部品調達が困難に!?

震災の影響でiPad2で使用している部品調達に影響がでてしまうようです。
米調査会社のIHS iSuppliによると、iPad2で使用されている部品の中で、日本製のものが少なくとも5種類あって、代替できないものもある。

  • NAND型フラッシュメモリー:東芝製
  • DRAM:エルピーダメモリ製
  • 電子コンパス:旭化成エレクトロニクス製
  • タッチスクリーンオーバーレイガラス:旭硝子(たぶん)
  • システムバッテリー:アップルジャパン

から供給されているとのこと。
生産自体はできるものの、生産した部品を送れなくなっているものや、部品の原材料確保が難しいメーカーもある。
また、電力が安定供給されないことで半導体の製造にも影響が出ているそう。

iPad2は32GB原価320ドル!?

米調査会社のIHS iSuppliが、iPad2を分解して部品コストなどを調べた。
GSM/HSPA版が326.60ドル、CDMA版が323.25ドルと推定。
組み立てコストは10ドル程度。
これを729ドルで販売しているから、利益は大きい!

iPad2 その他

秋葉原イオシス アキバ末広町店では、アメリカから輸入してきたiPad2が販売されていたが、すでに売り切れ。
また、輸入して販売する予定だとか。

初代iPadは、価格がやすくなって結構売れているみたい。
少なくても私の周りでは、何人か初代iPadを購入していました。

私は来週から新婚旅行で、ハワイに行ってきます。
(この非常時で、なんだか不謹慎な気もしますが・・・)

iPad2を買ってくる予定。売り切れてて買えないかな。
一応Appleストアはチェックしてきます。

『家庭の医学』 東北地方太平洋沖地震への支援で無料配布

家庭の医学 アプリiPad、iPhone、iPod touchアプリの『家庭の医学』
東北地方太平洋沖地震への支援で無料配布しています。
株式会社エムティーアイさんからの被災者支援。
応急処置や病気の症状などを調べることができます。
役立つアプリだと思います。
端末と回線がつながる環境の方は、万が一に備えてダウンロードしておくとよいかも。
自分以外にも、緊急の場合があるかもしれません。
App Store[家庭の医学]