カテゴリー : IT勉強

FacebookとGM 広告復活に向けて再交渉

自動車大手GMは広告効果が見込めないとして、Facebookへの広告を取りやめていたが、再交渉に入った。
これは複数が報道していて、FacebookのCOOとGMのCEOが上級幹部も含めて協議している。

GM側は
「Facebookが広告効果を証明できない限り有料広告を再開するつもりはない。」
としている。

ウォールストリート・ジャーナルによると、GMは2011年、Facebook広告に約1000万ドル(約8億円)をかけている。

Facebookの2011年の売上高は約40億ドル。
ほとんどが広告収入が占めている。

広告効果の証明というのは、難しい問題ですね。

Facebookにはどのような効果が見込めるのか?
という説明が不足していると声もあります。
また、広告を出す側もどのような効果を求めていくのか?
ですよね。

最近、良い話のでないFacebookにとっては、正念場なのかもしれませんね。

ファーストサーバ 顧客データ消失 原因はヒューマンエラー

6月20日夕方にファーストサーバでデータ消失が起こった。
データ消失の被害にあった顧客は5698件。
ファーストサーバの顧客は、5万以上で8割が法人・官公庁関連。

ダウンしたウェブサイト

小林製薬、109シネマズ、長野電鉄、カルディコーヒーファーム、海遊館、兵庫ひまわり信用組合、薬事日報、日本新聞協会、東京都卓球連盟、静岡産業大学、大津市市民活動センター、太陽光発電協会などなど

23日に
「バックアップも消失し、データ復旧は不可能。」
と発表された。
そのため、被害に遭った5698件の顧客すべてが、「自力」でウェブサイトを再構築する必要がある。
ウェブサイトだけではなく、メールも消えている可能性がある顧客も多い。
他にも、ファーストサーバは月々の利用料金だけで手軽にサイボウズを利用できる「サイボウズ Office9 for ASP」。
有料のパッケージ版のサイボウズを運用していた。
このうち、メール、スケジュール、顧客管理、営業記録など、約400社のサイボウズのデータを丸ごと消失。

原因は人為的な誤消去

更新プログラムに、ファイル削除コマンドを停止させるための記述漏れ
メンテナンス対象となるサーバ群を指定するための記述漏れ
記述漏れによって、不具合を検証環境で確認できず、本番環境とバックアップデータに適用したため。

暫定的な対策として

当面の間メンテナンス作業を停止
メンテナンス運用手順を修正し、対象外サーバの確認作業を追加する
通常のバックアップ以外ではバックアップ領域に修正を加えられないよう仕様を改める

とすると発表された。

損害賠償に関して

「サービスの対価としてお支払いただいた総額を限度額」
は支払われる。
ただ、ウェブサイトのダウンによって、招いた機会損失に関しては対象外。

バックアップとっておけ!
という声もあるようだが。
ファーストサーバのASPサービスの説明資料では
「データのバックアップ」「リストア(復元)」について、「お客様作業不要」と明記されていたという。
ビズ2・シリーズのパンフレットには、
「ファーストサーバは、これまで以上に安心してレンタルサーバーサービスをご利用いただくために品質保証制度(SLA)を設け、稼働率100%を保証した高いビジネス品質のサービスでお客様のビジネスを支えます。」
としていた。

今回のファーストサーバで起こった事故は、国内最大級の大規模なデータ消失。
バックアップがない企業や団体は、自力でなんとかしなければならず、損害賠償も多くは望めない。
ヤフー子会社のため、会社が無くなって何も払ってもらえない。
ということは避けられそう。
最低限の支払った額という限度額分は戻ってくるようだが、実際被害を被った人たちは「お金は戻ってこなくてもいいからデータを復旧させてくれ。」
という気持ちですよね・・・

Adobe Creative Cloud 1ライセンスでMacとWinで使える

とうとうAdobe Creative Cloudへ加入する時期になりそう。
以前の記事で、MacOSとWindowsは1つのライセンスで使えるなら得だな~
なんて言っていましたが。
できるようですね。

条件は
2台目のコンピューターはポータブルマシンまたは自宅で使用するホームコンピューターである。
1台目と2台目のコンピュータを同時に使用しない。
2台目のコンピュータでソフトウェアを使用できるのは、1台目にライセンス認証をしたコンピュータでソフトウェアを使用するユーザーに限定される。

CS6製品のみ対象
Adobe Creative Cloud メンバーシップ / サブスクリプション製品では、MacおよびWindowsの両方をダウンロードし、プライマリーコンピュータとバックアップ用コンピュータとにインストールすることができます。
その場合、ご自宅でMacを使い、職場ではWindowsを使っているような場合、両方に製品をインストールすることができますが、両方が同時に起動していないことを条件とします。

Adobe Creative Cloud「購入したソフトウェアは何台までのコンピュータにインストールできますか?」参照

これなら助かりますね。

145インチ スーパーハイビジョンプラズマディスプレイ

145インチ スーパーハイビジョンプラズマディスプレイ

NHKとパナソニックが共同開発した、ハイビジョンの16倍の画素を持つ145インチのスーパーハイビジョン対応プラズマディスプレイ。
画素数:横7,680画素x縦4,320画素
フレームレート:毎秒60フレーム
画素ピッチ:縦横0.417mm

垂直方向に並ぶ複数の画素を同時に走査表示させ、パネル全体の映像表示を安定化させる新たな駆動方式により、走査線が4000本級のパネルにおいても、ちらつきのない安定した映像表示を実現した。

NHK放送技術研究所で5月24日から27日まで、一般公開予定。

こんなTVを家庭用のシアターとかで使える財力が欲しい!!w

Crucial m4 CT128M4SSD2のファームウェア アップデート

友人の話。
Crucial m4 CT128M4SSD2の不具合があったファームウェアのアップデートの件。

不具合内容は、
SMARTのドライブの電源ON時間が、トータル5,184時間以上になると無反応になる。
というもの。

MacBookProで使用しているので、そこからアップデートしようとしたが実行できず・・・
結局、Windows機にSSDを接続して実行して、ようやくアップデート完了したとのことでした。

こういう不具合があるんですね!!
ファームウェアのアップデートも結構大変ですね・・・

日本企業 スマートフォンの中の世界一

スマートフォンに使われている部品の中には、日本企業が世界一のシェアを誇るものが多く存在する。

三星ダイヤモンド工業
液晶ガラス分断装置:世界シェア7割

AGC旭硝子
液晶パネルガラス:世界シェアほぼ10割

クラレ
偏光板のポバーフィルム:世界シェア8割
(液晶ディプレー用偏光フィルムのベースとなる光学用ポバーフィルム)

富士フィルム
偏光板の保護フィルム:世界シェア8割

淀川メデック
液晶パネルと偏光板を貼りつける装置:世界シェア7割

パナソニック
ジャイロセンサ(角速度センサ):世界シェア5割

旭化成
電子コンパス:世界シェア8割

まだまだあるそうです。
日本はスゴイですね!
WBSで放送された内容のメモでした。

ドコモ・KDDI・イーモバイル、絵文字を共通化

ドコモ・KDDI・イーモバイル、絵文字を共通化

来月以降、auとイーモバイルがドコモの絵文字をベースにしたデザインに変更。

今さらかよ。
と思うんだけど・・・
絵文字の需要ってかなり少なくなってるんじゃ・・・

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは

NPO法人支援、被災地支援、ゲーム制作、映画制作などあらゆるプロジェクトの活動資金をネットから小口資金を寄付、購入、投資などの形で支援すること。

クラウドファンディングの動きはアメリカではじまり、国内でもサイトが増えている。
3月28日、アメリカではJOBS法が上院・下院両方で可決され、今後小口投資家がインターネットを介して企業へ投資できるようになる。
中小企業の資金調達がしやすくなり、設備投資や雇用が増加する可能性がある。
とされています。
アメリカのクラウドファンディングのサイトでは、kickstarterが有名です。

日本では、東北の震災への寄付や支援金、投資がインターネットから行われているケースが増えています。
今後、日本でもクラウドファンディングが拡がり、投資や寄付が活発になりそうですね。

音楽・映画・アート・テクノロジー、ジャンル問わクラウドファンディング
READY FOR?
https://readyfor.jp/

CAMP FIRE
http://camp-fire.jp/

NPOへ寄付に特化したクラウドファンディング
i-kifu
http://www.ikifu.org/

このクラウドファンディングは、資金の集まり具合でアイディアのマーケティングにも活用できそうですね。

日本インターネット接続マップ

今はなき、インターネットマガジンで公開されていた日本インターネット接続マップ。

インターネットがどんな風につながっていたか?
を示す地図です。
日本のインターネットプロバイダは1995年時点では、

インターネットサービスプロバイダー相互接続マップ

インターネットサービスプロバイダー相互接続マップ

日本のインターネットは1995年にはこんな状態だったんですね。
今は家庭向けでも○○Mとかなのに。

2007年には、こんなんですもね。

インターネットサービスプロバイダー相互接続マップ2007

インターネットサービスプロバイダー相互接続マップ2007

こう考えると、すごい進化ですね。
インターネットサービスプロバイダー相互接続マップ1995~2007

新iPad解体動画

2012/3/16 iPad 3 Teardown Review

ディスプレイは韓国サムスン製。
A5Xプロセッサもサムスンが製造している。
バッテリーもサムスン製とか。

ロジックボードには、エルピーダメモリの4GビットLPDDR2型DRAMチップ(メモリ容量は合計1Gバイト)、
東芝のNANDフラッシュメモリ「THGVX1G7D2GLA08」を搭載。
Wi-FiおよびBluetooth対応チップはBroadcom製の「BCM4330」。
Broadcom製品はコントローラ「BCM5973」「BCM5974」も使用されている。
Qualcommは、LTEおよび3G(第3世代携帯電話)通信用チップセット「RTR8600」とモデム「MDM9600」のほか、電力管理チップ「PM8028」も供給。