PHPのエスケープシーケンスと扱い

PHPのエスケープシーケンス一覧

 
¥n    改行
¥r    キャリッジリターン
¥t    タブ
¥'    シングルクオーテーション
¥"    ダブルクオーテーション
¥¥    ¥文字
¥$    $文字
¥(    左括弧
¥)    右括弧
¥[    左括弧
¥]    右括弧
¥nnn  8 進数表記
¥xnn  16 進数表記

エスケープシーケンスを使う場合、両端をダブルクオーテーションで囲みます。

PHPエスケープシーケンスをシングルクオーテーションとダブルクオーテーションで試してみると、以下のようになります。

<?php
print ("私は\"佐藤\"です。");
print ('私は\"佐藤\"です。');
?>

これを、ブラウザで表示させると、

私は"佐藤"です。
私は\"佐藤\"です。 

この例では、
ダブルクオーテーションで囲むことで「¥"」がエスケープシーケンスとして扱われています。
シングルクオーテーションで囲むと「¥"」は、そのまま文字として出力されています。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。