PHPのシングルクオーテーションとダブルクオーテーションの使い分け

PHPのシングルクオーテーションとダブルクオーテーションの使い分け
例えば、

<?php
print('I'm Japanese');
?>

などと書くと、シングルクオーテーションが文章の一部か、PHPの記号か判断できずにどこでパラメータが終わっているかわからなくなってしまい、エラーになってしまいます。

こういうときは、ダブルクオーテーションを使ってエラーを回避できます。

<?php
print("I'm Japanese");
?>

シングルクオーテーションとダブルクオーテーションは基本的に自由に使い分けることができます。

または

<?php
print('I\'m Japanese');
?>

¥マーク(⁄バックスラッシュ)を記述すると、その直後の記号はPHPの要素として無視されます。
こういうのをエスケープシーケンスと言います。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。