ネットワークアーキテクチャ「OSI参照モデル」

ネットワークアーキテクチャとは、ネットワークをどのような構造・設計にするかとう基本概念です。
アークテクチャは、英語で「建築学」、「建築術」、「構造」を意味する語ですね。

ネットワークアーキテクチャの代表的なものとして「OSI参照モデル」があります。
OSI参照モデルは、ISO(国際標準化機構)が標準化したネットワーク・アーキテクチャです。

ちなみに、『OSI』は『Open Systems Interconnection』の略です。

OSI参照モデルは、第1層から第7層までのレイヤ構造になっています。

OSI参照モデルのレイヤ構造

上位層 第7層 アプリケーション層 具体的な通信サービスを提供する。アプリケーション(ソフト)がどのようにデータを処理するかなど。HTTPやFTPなどの通信サービス。
第6層 プレゼンテーション層 データの種類(文字コードなど)や送信ビット数に関する規定。
第5層 セッション層 通信モードや同期方式に関する規定。下位層との間に信頼できるリンクを提供し、同期やフロー制御を行う。通信プログラム間の通信の開始から終了までの手順。データのやり取りする相手との間に仮想的に通路を作り、やり取りが終われば通路は閉じます。
下位層 第4層 トランスポート層 ネットワークの端から端までの通信管理。確実にデータを届けるための決まりごと。エラー制御、圧縮、再送機能など。
第3層 ネットワーク層 通信経路の選択や識別アドレスに関する規定。データの道筋(経路)を決める。
第2層 データリンク層 通信路の確保やエラー訂正に関する規定。直接接続されたPCなどの機器間のやり取りに関する決まり事。
第1層 物理層 物理的な回線や機器類、電気信号に関する規定。具体的には、ケーブルの端子の経常や電気信号の条件など。物理的・電気的な決まり事

OSI参照モデルのレイヤ構造は、「アプセトネデブ」で覚える!って言われたなぁ~。
懐かしい。
基本情報技術者の資格試験で、結構出題されるとこですね。

ここまで説明しておいてなんなんですが、OSI参照モデルは、はたして理解すべきなのだろうか?
OSI参照モデルを理解したほうが良い理由


  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 8月8日
  2. 2011年 6月20日