データベース『障害回復について』

データベースには、障害が発生したとしても、データ復旧のための手段が備わっています。
障害には、物理的な障害や人為的なミスなど様々あります。

データベースを復旧させるための仕組みとして
「バックアップ」「ログ(ジャーナル)」「チェックポイント」というものがあります。

バックアップは、データベースのすべての内容をコピーしたもの。

ログ(ジャーナル)は、データの変更前後の内容と変更内容を記録したもの。

チェックポイントは、データベースとログの内容に整合性がとれいる時点のこと。

ロールバックは、障害発生時のデータに対して、更新前のログでデータベースを復旧させる方法。

データベースに物理的な障害が発生した場合は、
まず、一番新しいバックアップデータで復元して、更新後のログで障害直前の状態に復旧させます。
このような復旧方法を「ロールフォワード」と言います。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。