データベース『ACID特性とは』

トランザクション処理に求められる4つの特性。
Atomicity(原子性)、Consistency (一貫性)、Isolation(独立性)、Durability(耐久性)
それぞれの頭文字からACID特性と呼ばれています。

Atomicity(原子性)
トランザクションが終了したとき、すべて処理が終了している。もしくは、処理が行われていない状態のどちらかでなくてはいけない。
途中で処理が止まっている。など中途半端な状態であってはいけない。

Consistency (一貫性)
トランザクションの状態に関係なく、データベースに矛盾が生じていない状態が継続されていなくてはならない。

Isolation(独立性)
複数のトランザクションを実行した場合でも、それぞれの処理に影響を与えないで処理されなくてはならない。

Durability(耐久性)
処理されたトランザクションは、データベース障害が発生しても、データの内容が失われてはならない。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。