WordPressプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」

Syntax Highlighterとは、ソースコードなどを見やすく区別してくれるJavaScriptライブラリ。
で、そのWordPressプラグインが「SyntaxHighlighter Evolved」
プラグインの新規追加から「SyntaxHighlighter」で検索すると何個かプラグインがヒットする。
私は「SyntaxHighlighter Evolved」を入れてみた。

例えば、以下のようにソースコードを表示してくれる!

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>無題ドキュメント</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

これはHTMLソースの表示。
かっこいい!!
見た目は設定で変更できる。

使い方は簡単!

[html]
ここにHTMLタグを記述する。
[/html]

上記のように、[]で言語名を括るだけ。

プラグインの設定画面は英語でわかりづらいが、
Bitmacroブログさんの「SyntaxHighlighter EvolvedのSetting」
で設定方法を詳しく説明してくれている。

対応言語
デフォルトで以下は入っている(ハズ)

Brush name Brush aliases File name
ActionScript3 as3, actionscript3 shBrushAS3.js
Bash/shell bash, shell shBrushBash.js
C# c-sharp, csharp shBrushCSharp.js
C++ cpp, c shBrushCpp.js
CSS css shBrushCss.js
Delphi delphi, pas, pascal shBrushDelphi.js
Diff diff, patch shBrushDiff.js
Groovy groovy shBrushGroovy.js
JavaScript js, jscript, javascript shBrushJScript.js
Java java shBrushJava.js
JavaFX jfx, javafx shBrushJavaFX.js
Perl perl, pl shBrushPerl.js
PHP php shBrushPhp.js
Plain Text plain, text shBrushPlain.js
PowerShell ps, powershell shBrushPowerShell.js
Python py, python shBrushPython.js
Ruby rails, ror, ruby shBrushRuby.js
Scala scala shBrushScala.js
SQL sql shBrushSql.js
Visual Basic vb, vbnet shBrushVb.js
XML xml, xhtml, xslt, html, xhtml shBrushXml.js

最新の対応はこちらで確認できる。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。