データベース スキーマについて

前回まで、データベースのデータモデルについて見てきました。
今回はスキーマについてです。

スキーマとは、データベース構造を意味します。
データ構造、データベースを操作する時のルールや表現法、他のデータとの関連などを定義したものです。

スキーマは、以下の3つに分けることができます。

  • 概念スキーマ
  • 外部スキーマ
  • 内部スキーマ

概念スキーマ

概念スキーマは、データベースに管理される対象全体のデータ構造を定義します。
リレーショナルデータベース(RDB)では、テーブルが概念スキーマになります。

外部スキーマ

外部スキーマは、データベースの利用者(ユーザやアプリケーション)が必要とする対象のデータ構造を定義します。
リレーショナルデータベース(RDB)では、ビューが外部スキーマに該当します。

内部スキーマ

内部スキーマは、データの物理的な格納方法を定義します。
インデックスやデータファイル配置などに該当します。

各スキーマの呼び方の違い

概念スキーマは単に「スキーマ」と呼ばれることもあります。
同じように、外部スキーマは「サブスキーマ」、内部スキーマは「記憶スキーマ」と呼ばれることもあります。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。