TCP/IPの各レイヤ識別子

ネットワークでデータをやり取りするときは、どの相手とデータをやり取りするのか特定する必要があります。
TCP/IPの各レイヤは、相手を特定するために識別子をつける仕組みを持っています。
レイヤによって識別方法が違います。

ネットワークインターフェイス層

ネットワークインターフェイス層のイーサネットは、MACアドレスを使って直接データをやり取りするPCなどを特定します。

インターネット層

インターネット層のIPプロトコルは、IPアドレスで相手を特定します。

トランスポート層

トランスポート層のTCPとUDPは、アプリケーション層を担当するソフトウェアとの間に階層的な通路を作りデータを受け渡します。
何本もある仮想的な通路を識別するためにポート番号を使っています。

1回のデータのやりとりに3つの識別子

各レイヤで別々の識別子を使うので、1回のデータのやりとりに、3つの識別子を使っています。

アプリケーション層

データをやり取りする相手のIPアドレスとポート番号は、アプリケーション層のソフトウェアが自動的に指定します。
MACアドレスは、IPアドレスと対応させるためのプロトコル「ARP」を使います。


TCP/IPの4つのレイヤの解説


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。