電子ビューファインダー「カラーフィルター方式とフィールドシーケンシャル方式」

電子ビューファインダーでは、撮像素子で受けた光を映像として表示する。

表示素子の種類には、カラーフィルター方式フィールドシーケンシャル方式がある。

カラーフィルター方式

カラーフィルター方式は、液晶モニターと同じようにRGBのカラーフィルターを発光体の前に置く。
RGBの表示場所を変えて調整する。

カラーフィルターの構造

カラーフィルターの構造


TOPPANエレクトロニクス参照)

高画素化していくと、ブラックマトリックスの面積が相対的に大きくなるため、強力なバックライトが必要となってしまう。

フィールドシーケンシャル方式

フィールドシーケンシャル方式は、RGBの各色を順次表示し、表示時間を調整する。
残像によって、人間の目には正しい色に見える。
DLP式のプロジェクターと同じ原理。

残像効果を利用しているため、カメラを大きく動かすなどすると、カラーブレーキング(色割れ)してしまう。
カラーブレーキングを少なくするためには、表示の駆動周波数上げるなど(表示時間を早くする)などが必要になってしまう。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。