カメラ「露出計の種類 入射光式と反射光式」

現在のデジタルカメラのほとんどがカメラ内臓の露出計を備えている。
カメラ内蔵の露出計のほかには、露出計単体のものもある。

露出計には、「入射光式」と「反射光式」の2種類ある。
カメラ内蔵のTTL露出計は反射光式。
単体の露出計は入射光式のものと、反射光式のものがある。

入射光式露出計

以下のような白い半球の受光部がある露出計は、白い受光部にあたる光の明るさを測る。

露出計 入射光式

露出計 入射光式

露出計 入射光式のメリット

被写体の当たる光を測れる。
被写体の色などの要素は測光に影響しない。

露出計 入射光式のデメリット

被写体と同じ条件で測光しなくてはいけない。
そのため、風景などを撮影するときに入射光式で測光は現実的ではない。

反射光式露出計

反射光式露出計は、カメラ内臓のTTL露出計やスポットメーターなど単体の反射光式露出計がある。

反射光式は、被写体から反射した光を拾って測るため被写体と同じ条件で測光しなくても良い。

TTL露出計では、カメラのレンズを通して測光するのでレンズによっての違いを意識しなくても正確な測光ができる。
(レンズの透過率、フィルターの有無など)
TTLはThrough The Lensの略。

良くも悪くも、被写体の反射光を測るということなので、どんな風に写せば良いかは露出計は判断しない。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。