メモリの役割

メモリには、USBメモリなどの補助記憶装置としての役割をもつものも最近では多く、お持ちの方も多いでしょう。

今回ここで言う

「メモリとは」
CPU(中央処理装置)が直接読み書きできるRAMやROMなどの半導体記憶装置のことです。
メインメモリとも言います。

CPUが読み書きするための情報を一時保管しておく場所です。
メモリが記憶しておく情報は、CPUの計算結果やプログラム自体などです。
CPUは、メモリに記憶された命令を取り出して、命令を読んでそのとおりの動作を行います。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。