TCP/IPプロトコル「インターネット層」

TCP/IPのインターネット層の役割について。

OSI参照モデルでは、第3層「ネットワーク層」にあたります。

データをやり取りする相手との通信に関する決まり事を定めています。
インターネット層はIP・トランスポート層はTCPとTCP/IPプロトコル群の基盤となるプロトコルです。

IPとルーティング

データをやり取りするには、「IPアドレス」が必要になります。
IPアドレスは、相手がどの場所に存在するのかを示す住所のようなものです。

IPアドレスがわかれば、次に「どのルートでデータを送るか」を決めます。
ルーティング」と呼びます。

IPの役割は、主に「IPアドレスの管理」と「ルーティング」になります。

インターネット層のプロトコル

ネットワーク層には、IPプロトコル以外にも、ARP、RARP、ICMPなどもあります。

ARP(Address Resolution Protoco)プロトコルとは、IPアドレスから物理層のネットワーク・アドレス(MACアドレス)を求めるために利用されるプロトコル。
RARP(Reverse Address Resolution Protocol)プロトコルとは、ARPとは逆の意味でMACアドレスからIPアドレスを取得するためのプロトコル。
ICMP(Internet Control Message Protocol)プロトコルとは、IPプロトコルがエラーした場合に対処するためのプロトコル。

[ping]コマンドには、ICMPプロトコルが使われています。


TCP/IPの4つのレイヤの解説


  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 8月11日
  2. 2010年 8月18日