HTML5・XHTML DOCTYPEと文字コード

HTML5とXHTMLのDOCTYPE・文字コード情報の違いについて。

http://www.w3.org/TR/html5-diff/
HTML5サンプル

<!doctype html>
<html>
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Example document</title>
  </head>
  <body>
    <p>Example paragraph</p>
  </body>
</html>

このサンプルを見ると、

<!doctype html>

とDOCTYPE宣言されています。
HTML5では、頻繁に書く必要のあるものは簡単に書けるようにしよう!という考えがあり、簡単になっています。

XHTMLでは、

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

でした。

文字コード情報も短くなりました。
HTML5
[hrml][/html]
となりました。

XHTML
[hrml][/html]
でした。

HTML5になると、いろいろ簡単になりますね。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。