PHPとは

PHPとは

PHPとは(Hypertext Preprocessorの略)で、動的にWEBページを生成するために用いられます。
もともとは、PHPは「Personl Home Pages」だったが、「PHP Hypertext Preprocessor」ってことになりました。
URLの最後が「.php」となっているWEBページはPHPで生成されています。

PHPはどんな場面で使われているのか?

ショッピングサイトや掲示板やブログなど、PHPが使われています。
WEBを勉強していく上で、避けられないプログラム言語です。

PHPは手軽に学べる

HTMLの中に埋め込むことができて、使いやすい。そして、普及しています。
テキストエディタとブラウザとサーバーがあればすぐに始めることができる手軽さです。
XAMPPをインストールすれば、自分のPC内ですぐに始められます。)
そして、PHPを始めるにあたって、お金がかかりません。

PHPは比較的容易なので、初心者にもやさしい言語です。
それでも、オブジェクト指向の機能や、アプリケーションフレームワークを活用すれば、ある程度の大規模な開発もできます。

最新バージョンはPHP5.3.3となっています。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。