IPアドレスとドメイン名

IPアドレスとドメイン名の関係についてです。
ドメインといえば、「xxx.com」という形でサイトのURLに使われていますよね。

IPアドレスは人間にとってはわかりづらいので、グローバルIPを文字に置き換えてデータをやり取りします。
その際、DNSという仕組みを使いドメイン名に対応するグローバルIPを取得しています。

グローバルIPとドメイン名は1対1とは限りません。
1つのグローバルIPに複数のドメインを関連付けたり、逆に複数のグローバルIPに対して1つのドメインを関連付けたりすることもできます。

ドメイン名は4つのブロックで分けられています。

トップレベルドメイン 国を表す。jp(日本)、uk(イギリス)、ca(カナダ)
第2レベルドメイン 組織の種類 ac(教育機関)、co(企業)、go(政府機関)など
第3レベルドメイン 組織の名称
第4レベルドメイン ホスト名やサブドメインなどドメイン名を取得した団体・個人が自由に決め管理

com(アメリカ)は、商業用として第2レベルに登録されています。

ドメイン名・サブドメイン名・ホスト名を省略せずにすべて指定した記述形式のことをFQDN(完全修飾ドメイン名)といいます。
たとえば、「www.google.co.jp」はFQDN。「google.co.jp」は省略しているのでFQDNではありません。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。