IPアドレス「VLSMとCIDR」

IPアドレスを効率的に使うために、可変長サブネットマスク(VLSM)が考えだされました。

IPアドレスとサブネットマスクの組み合わせでは、1つのネットワーク内ではすべて同じサブネットマスクを使います。
サブネットごとに必要なIPアドレスの数が違うことも多く効率的ではありません。

VLSMを使えば、ネットワーク構成に応じてサブネットマスクを変更し、効率よくIPアドレスを使うことができます。

さらに、IPアドレスのクラスで分ける概念をなくして自由にIPアドレスの数を決められる「クラスレスアドレッシング」というものがありあmす。
クラスレスアドレッシングを実現するために、「CIDR」が使われてます。
CIDRでは、全体の32ビットのうち、先頭から何ビットがネットワークアドレスなのかというプレフィックス長を「/」とビットで表します。
クラスレスのCIDRは、どこまでがネットワークアドレスの部分なのかを判断するために、IPアドレスに加え、プレフィックス長が必要になります。

クラス プライベートIPアドレス サブネットマスク CIDR表記
クラスA 10.0.0.0~010.255.255.255 255.0.0.0 10.0.0.0/8
クラスB 172.016.0.0~172.031.255.255 255.240.0.0 172.16.0.0/12
クラスC 192.168.0.0~192.168.255.255 255.255.0.0 192.168.0.0/16


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。