ポート番号って??

「○番のポートを解放してください。」ってなんだろう?って思ったことある人いませんか?
P2Pソフトを使っていた人は、ポート解放をしていたと思いますが、ポートってなんでしょうか?

ポートとは

アプリケーション層のソフトウェアとトランスポート層(TCPとUDP)でデータをやりとりするための仮想的な通路の出入口ことです。
いろいろな出入口(ポート)がたくさんあるので、番号をつけて識別しています。

ネットでメールやウェブ閲覧などを同時に行えるのも、ポートが複数存在しているからです。
例えば、SMTP(メール)は25番だったり、HTTP(ウェブ)は80番といったふうに割り振られています。
主なポート番号はこちらを参照)

プログラムでポートを用いて通信するには、一般にソケットと呼ばれる仕組みを使います。
ソケットとは、通信の端点のことで、2台のコンピュータが通信しているとき、その通信路の両端、すなわちそれぞれのコンピュータにソケットが存在します。

「トランスポート層」の働きはこちらを参照してください。

サーバーとのデータのやり取りを考えてみましょう。
クライアント側からの要求(データ)をサーバーに送るときにTCPセグメントで、ヘッダを付け加えます。
この一連の流れは『TCP/IP「各レイヤの動き・カプセル化」』を参照)
このヘッダには、ポート番号の情報を宛先として加えています。
サーバーは、ヘッダをみて、どのポート番号に要求されたデータを送ればよいのかを判断しています。

普段何気なくインターネットを楽しんでいたりしますが、ネットワークだけみても裏では多くの処理がされているのですね。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。