TCP/IP「各レイヤの動き・カプセル化」

TCP/IPがどのように働いているのか、各レイヤごとにみてみよう。

「メールを送信」を例にしてみていきます。

各レイヤの動き

ユーザーがメーラーを使ってメールを作成します。
一般的なメーラーはアプリケーション層のプロトコルSMTPに対応していますので、SMTPの決まりごとに沿って「メール」に必要な情報をヘッダとして付けます。
下位のレイヤに渡されます。

アプリケーション層(SMTP)からトランスポート層(TCP)に渡され処理が行われます。
データを分割し、メール受信側のTCPが処理できるように必要な情報をヘッダに付けます。
このとき、「TCPセグメント」と呼ばれます。

さらに、下位のレイヤに渡されます。

トランスポート層(TCP)からインターネット層(IP)に渡され処理が行われます。
データを分割し、必要な情報をヘッダに付けます。
このとき、「IPデータグラム」と呼ばれます。

さらに、下位のレイヤに渡されます。

ネットワークインターフェイス層(イーサネット)で受け取ったIPデータグラムを処理が行われます。
イーサネットでは、ヘッダとトレーラが付けられます。
このとき「フレーム」と呼ばれます。
電気信号に変換されてネットワークへと送られます。

受信側は、この手順と逆にネットワークインターフェイス層から上位レイヤへ処理が行われます。

ヘッダには、データの宛先や送信元情報、エラーチェック情報といった管理用のデータが格納されます。

セグメント、データグラム、フレームなどの呼び分けは以下を参照してください。
TCP/IPの各層における一般的な呼び方

カプセル化

各レイヤで作成した「セグメント」や「データグラム」などは、ヘッダと本体データを1つのかたまりとして扱われ、上位層のデータを順々に下位層の情報で包み込んでいきます。
これを「カプセル化」と呼びます。


  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 8月17日
    トラックバック先 :ポート番号って?? | Webit NET
  2. 2010年 8月24日