XAMPPで自分のPC内(ローカル)WEB環境をつくる。

XAMPP(ザンプ)をインストールすれば、お金をかけてレンタルサーバーなど借りなくてもデータベースやプログラムのテストなどができるようになります。
サーバーなどの知識は、とりあえずは必要なく、一般のソフトウェアと同様にインストールするだけです。

勉強のためにお金を最初からかけなくても、自分のPCの中でWEB制作の環境をつくれることができます。

XAMPPとは

名前のAMPP部分は、Apache、MySQL、PHP、Perlの頭文字をつなげたもの。
これらのアプリケーションをひとつにまとめ、簡単にインストール・アンインストールできるようにしたアプリケーション。
もともとLINUXのアプリケーションで、そのときはLAMPPだったみたい。複数OSに対応するようになってXAMPPという名前になったようです。
対応OS:Windows、Linux、Mac OS X、Solaris
フリーウェアなので、無料です。


XMAPPの中身

  • Apache 2.2.14 (IPv6 enabled) + OpenSSL 0.9.8l
  • MySQL 5.1.41 + PBXT engine
  • PHP 5.3.1
  • phpMyAdmin 3.2.4
  • Perl 5.10.1
  • FileZilla FTP Server 0.9.33
  • Mercury Mail Transport System 4.72

がインストールするだけで、自分のPC内(ローカル)で使えるようになる!しかも、無償で!インストールも簡単!


XMAPPをとりあえず、インストール

  1. XAMPPのダウンロードをする。
    http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html
    こちらにアクセスして、スクロールしていくと、EXEとあるので、そこをクリック!
    XAMPP ダウンロード

    XAMPP ダウンロード

  2. 「インストールする!」Cドライブ直下にインストールした方が良いです。
  3. コマンド画面(黒い画面)がでてきますが、そのままEnterで進めていって、最後はxを押して終了させましょう!
  4. コントロールパネル内ApacheのStartボタンをクリック!Runingとなる。
    XAMPPコントロールパネル

    XAMPPコントロールパネル

  5. ブラウザで
    http://localhost/
    にアクセスしてこの画面が開けばインストールは成功!


  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 9月7日
    トラックバック先 :PHPとは | Webit NET