iOSのダウングレードをしてiOS9のバグ回避

先ほどの記事iOS9「スライドでアップグレード」でフリーズで、一旦諦めモードでしたが、寝つけず、ダウングレードしたらいいんじゃない!?
って思い再挑戦です。

iOSのダウングレードは初めてでしたので、調べたことをまとめておきます。

iOSのダウンロードは
https://ipsw.me/8.4.1
から行えました。
iOSのバージョンは同じでも、使っているキャリアで使用するiOSの種類が違います。
ダウンロードするiOSを調べるには型番が必要です。

型番はiPhoneの背面に書いてあるので、そちらから調べることができました。
もしくは、
設定 > プライバシー > 診断/使用状況 > 診断データと使用状況データ(iOS8以降)
から、どれでも良いので選択して、[Hardware Model: iPhone5,2]という記述を見つけると自分必要なiOSがわかります。
(私の場合、KDDIのiPhone5なので、iPhone5,2でしたので、iOSはiPhone 5 (Global)というものをダウンロードしました。)

次に、iPhone/iPadをDFUモードにします。

  1. 電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押す。
  2. AppleロゴがiOSデバイスの画面上に表示されたら、電源ボタンを解除
  3. 「iTunesはリカバリモードのiPhone/iPadを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります。」と書いたiTunesウインドウが表示されるまで、ホームボタンを続けて押します。

iTunesで「iPhoneを復元」ボタンをShiftキーを押しながらクリックする(Windowsの場合)
(Macの場合は、Alt/Optionを押しながらクリック)

ダウンロードしたiOSのファイル(「IPSWファイル」)を選択します。

ダウングレードされたら、iOS9にする前にとっておいたバックアップで、「バックアップを復元」する。

これで、元通りになりました。

で結局カメラのピントは合ったかというと、ダメでした。。。

朝方までいったい何をしていたのだろう・・・笑
勉強になったということで諦めて寝ます笑


  1. コメントはまだありません。

  1. 2015年 9月22日